貧乏エリカの留学体験記

【お金がない人に読んでほしい】留学は無理!と言われた、金なし、学なしの私がどうやって留学したか、留学前・留学中の節約術、おすすめの勉強法や体験談を綴るブログ。

Green Dayを聞いて英語を勉強!お金をかけずにやっていた学習方法

f:id:Lufthansa19:20190415221803j:plain

みなさまこんにちは、エリカです!

私がよく大学時代、お金をかけずに行っていた英語勉強方法の一つに、歌詞をみて洋楽を歌いまくる!というものがあります。

洋楽の中でも特に英語の勉強に最適ではまっていたアーティストがいます。

それは、Green Dayです!

Green Dayといえば、1987年に結成された、アメリのパンクロックバンドです。

グラミー賞等数々の名誉ある賞を総なめにしたGreen dayなのです。

なぜ英語の勉強に最適なのかというと、彼らの歌は‥

  1. 発音がとにかく綺麗でわかりやすい。
  2. テンポのいい曲なので、マジで最初全く何を言っているのかわからないが、歌詞を見ると納得する。
  3. 歌詞を見てから曲を再度聞くと、驚くほどわかりやすく歌詞が頭に入ってくる。
  4. 曲によって雰囲気がかなり変わり、飽きることがない。
  5. テンポのいい曲を歌うことができた時の達成感と爽快感が半端じゃない。
  6. ゆっくりした曲(初級)〜 めちゃくちゃテンポの速い曲(上級)まで自分の英語レベルに合わせて選べる。
  7. 難しめ&使う単語がめっちゃ出てきてイディオムや語彙力向上になる。

 

というわけで、Green Dayを聞いては歌詞を見て、歌詞を見ては一人カラオケしまくって‥

と繰り返しまくっていました。

個人的には、アルバム「American Idiot」がおすすめです。

ちなみに、アルバム「American Idiot」に収録されている「American Idiot」という曲がこちらです。

 歌詞はこちら↓

Don't wanna be an American idiot
Don't want a nation under the new media
And can you hear the sound of hysteria?
The subliminal mind-fuck America

Welcome to a new kind of tension
All across the alien nation
Where everything isn't meant to be okay
Television dreams of tomorrow
We're not the ones who're meant to follow
For that's enough to argue

Well maybe I'm the faggot America
I'm not a part of a redneck agenda
Now everybody do the propaganda
And sing along to the age of paranoia

Welcome to a new kind of tension
All across the alien nation
Where everything isn't meant to be okay
Television dreams of tomorrow
We're not the ones who're meant to follow
For that's enough to argue

Don't wanna be an American idiot
One nation controlled by the media
Information Age of hysteria
It's calling out to idiot America

Welcome to a new kind of tension
All across the alien nation
Where everything isn't meant to be okay
Television dreams of tomorrow
We're not the ones who're meant to follow
For that's enough to argue

Green Day – American Idiot
 

 政治や世界情勢の話が歌詞に反映されていたり、歌詞を理解すればするほど、曲の深さを知ることができます。

少しでも興味を持った方は是非試してみてください!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!