貧乏エリカの留学体験記

留学は無理!と言われた、貧乏学なしの私の、留学前・留学中・留学後・就職後の節約術、勉強法、体験談などを綴るブログ。留学やワーホリなど海外生活に興味のある方へお届けします。

《苦手な人との付き合い方》ストレスを溜めない、”ベスト”を考えた結果。

f:id:Lufthansa19:20190819224040j:plain

こんばんは、エリカです。

学校、大学、留学先、就職先、転職先‥どのシーンを思い出しても、素敵だなと思う出会いもあれば、「この人苦手かも。」と思う出会いもあります。

正直、私は今の職場にも、苦手な人がいます。

私は結構顔に出やすく、分かりやすいタイプなので表情には人一倍気をつけています。

 

苦手な人ってどこにでもいるんだな、と感じる今日この頃。

「苦手」と感じるかどうかは、もちろん自分次第だということもわかってるのですが‥

どうやって付き合うのがベストなのか。

 

まず最初に大前提に言えることは、

相手の性格や態度を変えるのは不可能だということ。

天才 アルベルト・アインシュタインも、

 人間の邪悪な心を変えるより、プルトニウムの性質を変える方がやさしい。

との格言を残しているほど。

 

では、どうやって苦手な人と付き合うべきか。

ストレスを溜めないためにはどうしたらいいのか。

 

どうやって付き合うのか?

どうやって苦手な人と付き合えばいいのか。

私が至った結論は、このようなものです。

 

  1. 嫌味や悪口を言われた時は、肯定して受け流す。
  2. 仏様目線で考える。
  3. 相手を”かわいそうな人”だと思うことにする。
  4. 違いを受け入れる。

 

嫌味や悪口を言われた時は、肯定して受け流す。

何か嫌味や悪口を言われた時は、肯定すること。

「そうなんですよ〜私ってXXXなので、自分でも困ってます。」など、本当に適当に聞き流すこと。

聞き流すって言われても。

これが結構難しいですよね。

で、どうやったら聞き流すことができるようになるか。

それは、次の3つ。  

仏様目線で考える。

 何か嫌なことを言われた時、

「はぁ、この人最低」

「まじでイライラする」

と感じてしまいがちです。

そんな時は、さらに雲の上から相手を見守るようにする。

 つまり、

「この人この性格で毎日大変だろうなぁ」

「こんな考え方しかできないと、生きていくの大変だよね」

”上から目線”ではなく、”仏様目線”で考えること。

相手を”かわいそうな人”だと思うことにする。

苦手だなって思う人や、攻撃的な人の共通点。

それはほとんどの場合、”劣等感”からきているように感じます。

「この人はきっと劣等感の塊なんだろうな」

「かわいそうな人だな」

 と考えるようにしています。

違いを受け入れる。

最後に、冒頭にもお話ししたように、相手の性格や態度は変えることはできません。

「この人はこういう人だ」と、諦めることが大事です。

諦めることってネガティブな表現にも聞こえますが、ポジティブに

”違いを受け入れること”

です。

 

 

いろんな人がいて、日々なんだか疲れちゃう時もありますが、あまり真面目に人の発言を受け入れる必要はないのかなと感じます。

みんなからの意見を聞くのではなく、信用している大切な人の意見だけを受け入れれば、ストレスを溜めず、苦手な人とも付き合えるように感じています。

 

参考になれば嬉しいです!

今日も最後までご覧いただき、ありがとうございました!